目元の状態に合わせた施術

女性

埋没法と切開法の2種類があります

奥二重の人や、腫れぼったい瞼、一重瞼などは、目が小さく見えたり、寂しげな印象を与えてしまうので悩んでいる人が多いです。目元のメイクを工夫しているけれど、時間が掛かってしまうので悩んでいる人も少なくありません。美容外科のクリニックでは、埋没法や切開法などの二重整形の施術を行っています。一人一人の目元の状態が違ってくるので、最適な二重整形の種類は違ってきます。目と目が離れているので悩んでいる人や、瞼の脂肪が厚いことで悩んでいる人は、部分切開法や全切開法がお勧めです。部分切開法や全切開法は、クリニックによっても多少は違ってきますが、25万円から30万円前後です。瞼に二重のラインを作るために、メスで切開をしてから、専用の糸を使って縫合をする方法です。切開法のメリットは、埋没法に比べると、きれいな二重のラインを作れますし、一重瞼に戻る心配はありません。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、自分がなりたい理想的な目元に近づけてくれます。繊細な高い技術が必要なので、症例数を多く取り扱っている美容外科のクリニックを選ぶことが大事です。平均的な相場に比べると、料金が高すぎたり、安すぎたりする所は避けたほうが良いでしょう。学生割引やキャンペーン期間を利用すると、お得な料金で二重整形が受けられます。

二重整形に関心はあるけれど、どれぐらいの料金なのか、知っておきたい人が増えています。二重整形は基本的には、美容目的なので、健康保険は適用されません。中高年以降の年代になると、眼瞼下垂で悩んでいる人が少なくありません。眼瞼下垂は瞼が開きにくく、視界が狭くなるので、日常生活に支障をきたしている人がほとんどです。肩こりや眼精疲労などで悩んでおり、眼瞼下垂の治療を受ける場合は、健康保険が適用されることもあります。眼瞼下垂の治療は、メスで切除を行うので、手術後は二重瞼になることがほとんどです。美容外科のクリニックでは、美容目的ではなく、健康面で支障がある場合は健康保険が適用されることもあります。まずは医師の診察やカウンセリングを受けてみると良いでしょう。埋没法などのメスで切開をしない、二重整形に関心のある人が増加しています。埋没法はダウンタイムや、腫れ、内出血が少ないため、通勤や通学などで忙しい人に人気があります。瞼の裏側から、極細の糸を使って二重のラインを作る方法です。使用する糸の数や、縫合の方法によっても、二重の幅を変えることが出来ます。美容外科のクリニックでは、カウンセリングや問診に時間を掛けてくれるので、自然な仕上がりにしてくれます。

Copyright© 2019 美容外科ではプロの技術で本物の二重を手に入れることが出来る All Rights Reserved.