整形に援助金はあるのか

治療 施術

受給者で支障があれば整形をできる場合も

理想の二重にしたい場合、切開法と埋没法があります。埋没法は、糸をまぶたの裏から留めることで、二重にする手術方法です。ですが、まぶたが厚かったり、医師の診断で埋没法は向いていないと言われた場合、切開法がおすすめです。切開法であれば、綺麗で持続性のある二重を半永久的にキープでき、二重の幅も広めにすることが可能です。切開法は、まぶたを切開し、中に詰まっている脂肪や筋肉などの組織を調整し、理想の二重をデザインします。切開をするので、腫れや痛みは出ますが、抜糸後は、綺麗に二重ができます。外人のような大きな目にしたい方や、アイプチを使うのが億劫な方は、こういった埋没法や切開法で二重にする方がいます。二重整形にするには、それなりの金額がかかります。社会人でない方が整形をするには、家族から支援してもらったり、バイトで貯めたりとなかなか大変です。整形費用が安くなるような、援助や公費もなく、基本的には全額自己負担になります。中には、眼瞼下垂のような保険適用がされる手術もありますが、ほとんどの方が美容目的の二重整形になるので、保険外となります。少しでも安くしたい方は、モニター価格や口コミ投稿によって安くなるといった、キャンペーンを実施している整形外科もあります。

公費を利用して二重整形をする方もいますが、それは難病により、目に何か障害が起きて開きづらくなったりした場合のみです。ただ、通常整形外科で診察するというより、難病でかかっているかかりつけのお医者さんに、紹介状を書いてもらう形になります。例えば、筋肉や神経症状で目が開けづらくなり、視界が阻まれて視力が落ちてしまう可能性がある時などです。こういった時は、二重整形を受けられる可能性があります。受給資格を持っていて、目を開けづらい方は、二重整形ができないか、一度医師に相談するようにしましょう。元々難病を治療している方は、受給者証と呼ばれる証を持っています。これにより、月の治療費の負担を軽減することができるのです。難病は56種類程あり、認定されれば受給者証が受け取れます。難病の方は、薬をもらいに、月に何度も通わなくてはいけません。受給者証を使えば、少しでも患者の自己負担を減らすことができます。自己負担額は所得税などで、自己負担限度額が変わってきます。もし、受給者証を持っている方や、これから受給者証をもらう方は自分がどれくらい自己負担をしなくてはいけないのか確認をするといいでしょう。受給の有効期間があるので、治療が終わるまで申請をし続けなくてはいけません。期限が切れる前に、毎回申請手続きをしておくと安心です。

Copyright© 2019 美容外科ではプロの技術で本物の二重を手に入れることが出来る All Rights Reserved.