施術行う前の基礎知識

注射器

気を付けることや申請が受けられない場合

二重整形は、美容整形の中でも比較的多くの人が施術を受けているのがポイントになります。昔に比べると、美容整形しやすくなったことにより、多くの人がそれを望みようになりました。一度そのような話が広まると、たちまち全国に広まってきますので今までためらっていた人も積極的に美容整形外科やクリニックに行こうとします。ただその半面、気をつけるべきことを頭に入れておかなければならないでしょう。まず基本的に、二重整形をする場合には埋没法と呼ばれる方法と切開法と呼ばれる方法の2種類があります。このうち、切開法はある程度自由な形の二重にすることができる一方で、一度手術をしてしまうと元に戻らない可能性があります。絶対に戻らないとは限りませんが、戻すだけでもかなりのお金がかかってしまう点は注意が必要になるでしょう。そのため、信頼できるクリニックや美容整形外科を選ぶことが重要になります。もし心配ならば、埋没法と呼ばれる糸で瞼をつり上げる方法を利用してみてもよいかもしれません。この方法ならば、糸さえ切ってしまえば元通りに戻すことが可能になります。後は、施術する前にアルコールを口にしないことです。当日は、お酒を飲みたくても我慢しましょう。そうしないと、傷跡などがはっきりしてしまい周りの人にばれてしまう可能性があります。

二重整形をする場合には、果たして障害年金や病床手当をもらうことができるでしょうか。基本的に、病床手当については病気でない限りもらうことができません。では二重整形をする場合考えられる病気はどのようなものでしょうか。二重整形を必要とする病気の一つが、眼瞼下垂と呼ばれる病気です。この病気は、普通に目が開いている状態でも瞼が下に下がってきて視界が狭くなってしまい、生活をする場面でも不便になる可能性があります。それだけならばまだ救いようがありますが、この状態がずっと続くと頭痛が発生したり吐き気や立ちくらみなどが起こることがあります。そうすると、日常生活を送るのも困難になることが考えられます。この場合には、障害年金がもらえる可能性も否定できないでしょう。障害年金をもらう場合には、クリニックや美容整形外科に行き、診断書をもらうことが必要です。これらの診断書の内容によって国が審査し、問題なければ障害年金をもらうことができます。いずれにしても、まずは申請してみることから始めなければできません。障害年金の等級は1級から3級まであり、どれに該当するかによってもらえる金額が異なります。ちなみに、国民年金に加入している場合には、3級に該当してしまうとお金をもらうことができません。

Copyright© 2019 美容外科ではプロの技術で本物の二重を手に入れることが出来る All Rights Reserved.