施術行う前の基礎知識

注射器 二重整形にするときに気をつけることは、施術方法によっては元に戻らないことがあることです。障害年金の受給に関しては、通常申請を受けることができませんが、眼瞼下垂の場合には受けることができる場合もあります。

詳しく見る

整形に援助金はあるのか

治療 施術 自分の理想の二重にするための二重整形ですが、料金は自己負担なので、決して安い金額ではありません。それでも、受給資格者は、生活に差し障りがあれば、医師の判断で二重整形を受けられる場合もあります。かかりつけの医師に相談をしてみるといいでしょう。

詳しく見る

目元の状態に合わせた施術

女性 二重整形には、埋没法や切開法などの種類があります。眼瞼下垂などで、健康面に支障が出ている場合は、健康保険が適用されることもあります。眼瞼下垂の治療は、メスで切開をするため、治療後は二重瞼になることが多いです。

詳しく見る

施術前に確認すべきこと

治療 施術 二重整形を受ける前に知識を身につけておきましょう。二重整形の方法はいろいろあります。どの施術法が適しているのか、カウンセリングを受けて確認します。また、施術を受けるにあたって学校や会社を休まなくてはならなくなることもあるので注意が必要です。

詳しく見る

二重になるための施術方法

美容カウンセリング

施術の種類や特長

美容外科では美のための施術を受けることが出来ますが、その中でも特に二重整形は年齢問わずに人気のある施術方法です。二重になりたい人のために整形をしなくてもまぶたにラインを形成できるアイテムも現在では市販されています。ノリタイプやテープタイプのものなど様々ですが、どれに関してもメイクを落とすことによって元の状態に戻ります。まぶたの薄いタイプの人であれば繰り返し行うことによってまぶたにラインの癖がついて本物の二重が手に入ることもありますが、時間が掛かりますし必ず二重になれる保証もありません。本物の二重を作りたいのならば美容外科で施術を行うのが一番です。まぶたに手を加えることによって本物の二重を形成することが出来ますので、メイクを落としても水や汗に濡れたとしても二重が取れることはありません。また、二重整形で二重になれば普段のメイクの時間もグンと短縮できること間違いなしです。基本的に二重整形には保険が適用されませんが、逆さまつげなどの疾患がある場合は保険が適用されることも珍しくありません。クリニックによって基準が多少異なりますので、もし何かしらの疾患がある場合は事前に告知して保険が適用になるかどうかの確認をしておいた方が安心でしょう。

二重整形を行う際には最初にカウンセリングを行う必要があります。実はこのカウンセリングがとても大切なのです。整形手術は医師の技術力やデザイン力によって仕上がりに影響を及ぼします。自分がなりたいビジョンを明確に医師に伝わらなければ希望通りの仕上がりにはなりません。ですから納得のいくまでシミュレーションすることが重要になるでしょう。自分に適した二重の幅を決めるのが一番のポイントです。幅広のラインを形成したくても元々の目元の形状によっては不自然になってしまうこともあるかもしれません。ですから、医師のアドバイスの元慎重に決めることをおすすめします。ミリ以下単位のズレでも仕上がりの印象がガラリと変わってしまいますから、技術力の高い医師の元で整形を行うと良いでしょう。どのクリニックで行うか悩んだときには口コミなども参考になります。二重整形の実体験を参考に評判の良いクリニックを選んでください。カウンセリングが終わったら施術の予約日を決めますが、場合によってはカウンセリング後そのまま施術を行えるクリニックもあります。また、人気のクリニックの場合は予約が取りにくいこともありますので、仕事の休みを取ってプランを立てている場合は早めに行動したほうが良いかもしれません。

Copyright© 2019 美容外科ではプロの技術で本物の二重を手に入れることが出来る All Rights Reserved.